山川菊栄集 評論篇〈第2巻〉女性の反逆 (新装増補)

個数:

山川菊栄集 評論篇〈第2巻〉女性の反逆 (新装増補)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000284622
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0310

出版社内容情報

母性保護論争,廃娼論争など幾多の論争を経て評論家としての地歩を固めた山川菊栄は,東京帝大の教授たちからなる社会政策学会に招かれ,女性の職業問題を論じた.山川の切り口鮮やかな評論は,同時代の男性批評家たちを瞠目させた.「豊富な知識,厳正な論理,鋭利な観察」(堺利彦)をもって展開された,1919―21年の評論を収録.

内容説明

母性保護論争などを経て、評論家としての地歩を固めた山川菊栄は、女性の職業問題についていっそうの健筆をふるう。「豊富な知識、厳正な論理、鋭利な観察」(堺利彦)と評された、1919~21年の評論を収録。

目次

1 一九一九年(大正八年)(婦人と職業問題;日本婦人と参政権;誤れる婦人職業論の一標型 ほか)
2 一九二〇年(大正九年)(現代社会と婦人の使命;婦人と労働運動;男性よりの解放 ほか)
3 一九二一年(大正一〇年)(婦人解放と産児調節問題;産児制限問題;古代へ復る婦人美の理想 ほか)