ケアすること

個数:
  • ポイントキャンペーン

ケアすること

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 23時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 253,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000281225
  • NDC分類 369
  • Cコード C0336

内容説明

ケアワーカーの労働や待遇の実態、仕事のやりがい、ケア現場のジェンダー規範、虐待や身体拘束、感情労働やストレスの問題。認知症ケアの難しさ、コミュニティ・ケアの理想と現実―ケアワークがはらむ様々な問題を浮き彫りにし、ケアワークの専門性とは何かを改めて問い直す。

目次

ケアすることとは―介護労働論の基本的枠組
介護の専門性
「よいケア」とは何か―来るべき「ふつうのケア」の実現のために
介護労働市場と介護保険事業に従事する介護職の実態
感情労働としてのケアワーク
ケアする性―ケア労働をめぐるジェンダー規範
ケアワークにおけるストレス
縛り放題!閉じ込め放題!あぁ懲りない国ニッポン
老い衰えゆくことをめぐる人びとの実践とその歴史―私たちが自らを守らんがために現れてしまう皮肉かつ危うい事態について
ウソつきは認知症ケアのはじまり、なのか?
認知症を生きる人たち
コミュニティ・ケア―幻想と現実

著者等紹介

副田義也[ソエダヨシヤ]
1934年生まれ。社会学者。金城学院大学教授、筑波大学名誉教授。専門=福祉社会学、歴史社会学。福祉はもとより、家族論、老年論、子供論、文化論に至るまで幅広い分野をカバーし、実証に基づくオリジナルな社会学研究を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。