シリーズ・現代経済の課題<br> 分権化と地方財政

個数:

シリーズ・現代経済の課題
分権化と地方財政

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 224,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000270458
  • NDC分類 349
  • Cコード C0333

出版社内容情報

国民生活に密接に関係する地方財政がいま危機に瀕している.地方税財政制度の歴史と国際比較をふまえつつ,「分権的福祉政府」システムの構築を提起.地方税の拡充と地方交付税の改善を中軸とする地方財政改革を提唱する.

内容説明

分権的福祉政府の構想。深刻さを増す地方財政の危機。日本の財政制度の何が問題なのか。国際比較をふまえつつ現行制度の限界を明らかにし、抜本的改革案を提起する。

目次

第1章 分権化への圧力―グローバル化、市場化、そして少子・高齢化
第2章 日本地方財政の特徴と改革論―分権か、縮小か
第3章 「分権的福祉政府」の財政システム
第4章 地方税の拡充―税源移譲と課税自主権
第5章 財政調整制度の意義と地方交付税の改善
第6章 地方債発行の規制緩和
終章 地方財政運営システムの分権化

著者等紹介

池上岳彦[イケガミタケヒコ]
1959年宮城県生まれ。東北大学法学部卒業。東北大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)。新潟大学商業短期大学部、新潟大学経済学部を経て、現在、立教大学経済学部教授。専攻は財政学、地方財政論。論文「カナダの財政調整制度」(『立教経済学研究』第56巻第3号)により、第29回東京市政調査会藤田賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。