思考のフロンティア<br> アイデンティティ/他者性

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

思考のフロンティア
アイデンティティ/他者性

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 121p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000264211
  • NDC分類 141.93
  • Cコード C0310

出版社内容情報

抽象的思考ではアイデンティティ/他者性という問題の核心には到達しえない.肝心なのは個々の「私」におけるその在り方である.プリーモ・レーヴィ,パウル・ツェラン,金時鐘という具体的な表現者に即して,この問いを考える.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネムル

10
レーヴィ、ツェラン、金時鐘の詩作を通して見る、言語とアイデンティティの関わり。ただまあアイデンティティ論というより、詩論で話がまとまり過ぎな気がしなくもないが、投壜に託されたツェランがすごく読みたくなった。2019/09/05

ああああ

3
他者との一体化、他者の言語への同一化の場所は、同時にある異和と変形が不可避的に生じる場所でもあるのだ。元来「表現」とはこの異和と変形の別名にほかならず、あの膨大な言葉の群れのなかで、永山則夫の「自己」は、いく重にも他者と、他者の言語と絡みあって、おそらくは無数の断片として散在しているのだ。そこから永山則夫の「固有の自己」を再構成するのではなく、ひたすら破片を回収すること、それが永山を「読む」ということにほかならないのだ。言うまでもなく、それは永山則夫に特有の問題ではない。ぼくら自身の「自己」もまた、2021/07/03

令和の殉教者

1
例えばアルジェ生まれのデリダは、母語としてフランス語しか持ちえなかったが、その母語にある種の居心地の悪さを感じていたという。フランセーズ(フランス的なもの)に十分同化できないにもかかわらずフランセーズ(フランス語)を使わなければならない感覚。それは、突如迫害を受けたドイツ系ユダヤ人や、皇民化を受けた朝鮮人の感覚において、先鋭化するのかもしれない。ツェランや金時鐘といった詩人たちは、この他者の言語としての母語をあえて使い、撹乱する。本書のアイデンティティ/他者性は、そうした両者の緊張関係に現れるものである。2022/05/18

samandabadra

1
読みにくかった。 一生懸命書いている割には 汎用性のある議論ではないように思う2009/09/04

Yuichi Nakagawa

1
彼の流麗な文体には敬意を表さざるを得ない。一言では捉えがたいアイデンティティ/他者性という問題を、数人の詩人を通して解き明かしていく様は圧巻である。しかし、詩に興味を持っていなければ、筆者が背景に隠した主張をくみ取るのは難しいように思われる。2014/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532232

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。