近代東アジア史のなかの琉球併合―中華世界秩序から植民地帝国日本へ

個数:

近代東アジア史のなかの琉球併合―中華世界秩序から植民地帝国日本へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月18日 23時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 440,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000259835
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C0021

内容説明

広範な史料・文献を渉猟し、「琉球藩設置」の歴史的真意を解明。台湾出兵との因果関係に関する従来の謬説を糺す。併合する側の視点と併合される側の視点を往還する複眼的考察に立ち、琉球および朝鮮の併合という「二つの併合」の類比性と関連性に着目。東アジアの伝統的中華世界秩序の衰退から植民地帝国日本の擡頭への新旧交替という大きな脈絡から、中国・朝鮮・台湾・日本を見渡す視野のなかに「琉球併合」の史実を据えた画期的研究。

目次

第1章 近世東アジアのなかの琉球王国
第2章 琉球藩王冊封とその歴史的意味
第3章 征韓論政変と台湾出兵
第4章 「琉球藩処分」の本格化から強制併合へ
第5章 近代東アジア史のなかの二つの併合
補論 喜舎場朝賢と『琉球見聞録』

著者等紹介

波平恒男[ナミヒラツネオ]
1954年沖縄県石垣島生まれ。琉球大学法文学部卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程中退。フランクフルト大学で2年間在外研究員。琉球大学法文学部教授。カント、ハーバーマスについて研究し、諸論稿・訳書を発表、2000年代以降、テーマを近現代沖縄研究に転じる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件