民主党政権は何をなすべきか―政治学からの提言

個数:
  • ポイントキャンペーン

民主党政権は何をなすべきか―政治学からの提言

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248594
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C0031

内容説明

自民から民主へ、劇的な主役交代が実現し、新政権の様々な政策や方針が注目されている。だが、かつてない転換期にあって、我々は今、日々のめまぐるしい動きを追うだけでなく、構造的な課題にも目を向けるべきであろう。日本の政治の仕組みそのものをどう見直し、どのように変えるべきか。「政治主導」とは、「対等な日米関係」とは何なのか。そして、現代において政党とは、デモクラシーとは―。現実的かつ根本的な問いに、気鋭の政治学者らが答える。

目次

1 政権交代の意義(日本政治史のなかの政権交代;一党優位体制の崩壊)
2 政権運営の課題(民主党政権のガバナンス―政党と国会の新たな活動モデル;「政策決定の一元化」を超えて―新しい政党政治の確立のために)
3 政策実現への道程(生活第一の内需主導へ;分権・自治をどう進めるか;脱冷戦の外交戦略)
4 民主政治の展望(「友愛」は新しい政治理念となるか;代表性競争の時代へ―あらたな多数派像の構築を;二大政党制は定着するのか)

著者紹介

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年生まれ。東京大学法学部卒。北海道大学大学院法学研究科教授(行政学、政治学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自民から民主へ、劇的な主役交代が実現し、新政権のゆくえが注目されている。だが、短期的、表層的な動向だけに目を奪われてはなるまい。いま、日本政治の仕組みをどう見直し、どのように変えるべきか。「政治主導」とは、「友愛」とは何なのか。そして、政党とは、デモクラシーとはー。根本的な問いに、気鋭の政治学者らが答える。