「未完の革命」としての平和憲法―立憲主義思想史から考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

「未完の革命」としての平和憲法―立憲主義思想史から考える

  • 千葉 眞【著】
  • 価格 ¥3,348(本体¥3,100)
  • 岩波書店(2009/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 62pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年12月10日 04時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248587
  • NDC分類 323.142
  • Cコード C0031

内容説明

憲法とは何か。そして日本国憲法が持つ現代的意義とは何か。それらの問題を改めて考えるために、本書では憲法が拠って立つ土台である立憲主義に遡り、中世から現代に至るその思想的発展をたどり直す。その中で、「未完の憲法革命」としての日本国憲法の独自性とその平和主義の先進性が示される。非戦平和という憲法の構想を具現化していくことを主張する、政治学的視点からのダイナミックで斬新な日本国憲法「活憲」論。

目次

第1部 立憲主義の思想史的展望(立憲主義の意味;「自由の構成」としてのアメリカ憲法制定;立憲主義の現代的位相)
第2部 平和憲法の歴史的意味(「八月革命」説の再考;公共哲学として見た平和憲法;憲法平和主義の理論的意味;平和的生存権と人間の安全保障の再考)

著者等紹介

千葉眞[チバシン]
1949年、宮城県に生まれる。早稲田大学大学院修士課程(政治学)をへてプリンストン神学大学で博士号(Ph.D.、政治倫理学)取得。現在、国際基督教大学教養学部教授。専門は西欧政治思想史・政治理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

憲法とは何か。そして日本国憲法の現代的意義は何か。それを改めて考えるために、憲法が拠って立つ土台である立憲主義の思想史をたどり、日本国憲法における平和主義の独自性・先進性を示す。政治学的視点からのダイナミックで斬新な「活憲」論。