ボワソナードと国際法―台湾出兵事件の透視図

個数:

ボワソナードと国際法―台湾出兵事件の透視図

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月20日 23時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 344,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000247948
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0021

内容説明

国立公文書館所蔵の2冊の皮革装豪華本『勃氏趣旨書』。外交交渉に臨む大久保利通に提出されたボワソナードの仏文「覚書」19点から描かれる台湾出兵事件の全容。

目次

第1章 フランス時代のボワソナード―学問的思想的ルーツを中心として(パリ法科大学の学生時代―一八五二年法学博士となるまで;人道思想の形成―二月革命(一八四八年)の刻印 ほか)
第2章 遠景―一九世紀西洋国際社会の二つの顔(岩倉使節団へのビスマルク・スピーチ―国際法のレアリスト的観方;「国際法学士院」と「国際法の改革と法典化協会」 ほか)
第3章 前触れ―外務卿副島種臣の使清(一八七三年)(米国領事リゼンドルと台湾原住民による虐殺事件;清国への副島使節派遣 ほか)
第4章 台湾蕃地事務局設置から出兵へ(一八七四年)―「無主地先占」法理の採用(台湾蕃地事務局設置から出兵強行へ;ボワソナードの回答書 ほか)
第5章 北京交渉始末(一八七四年九‐一〇月)―大久保利通、ボワソナード、ウェード、総理衙門の王大臣(基礎的事実と概観;交渉プロセスの諸段階 ほか)

著者等紹介

大久保泰甫[オオクボヤスオ]
1937年生まれ。故郷は福井市。1960年東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、名古屋大学法学部・同大学院法学研究科教授、パリ大学国際都市日本館長、南山大学教授を経て、名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ボワソナードの「覚書」。北京交渉での活躍を物語る一級資料から台湾出兵事件の平和的な紛争解決を描く。