暴走する石原流「教育改革」―高校生の心が壊される

個数:
  • ポイントキャンペーン

暴走する石原流「教育改革」―高校生の心が壊される

  • 提携先に3冊在庫がございます(2017年12月13日 08時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247542
  • NDC分類 372.136
  • Cコード C0037

内容説明

校長権限の飛躍的強化、人事考課、強制的異動などで学校現場の自由を奪い、仕上げは「日の丸・君が代」の職務命令による強制―。石原都知事・横山教育長の強力コンビのもと、都立高校を主な標的に進行中の「教育改革」の実態とは何か。その行き着く先は、精神の地盤沈下ではないのか?「ノー」の声を挙げ、闘い始めた教師・保護者・生徒たちのナマの証言から構成する迫真のルポ。

目次

序章 七〇年代、「日の丸・君が代」強制はすでに始まっていた
第1章 「日の丸・君が代」問答無用の強制
第2章 教師が自由を奪われていく
第3章 生徒たちのなかに芽生える「不定愁訴」「倦怠感」「すさみ」
第4章 中学にAクラスの超大型台風がやって来た
第5章 「ノー」と言える市民たち―教師、保護者は闘う。そして、生徒自身も
第6章 「石原さんは、クレージー」―ジャーナリズムからの視線

著者紹介

村上義雄[ムラカミヨシオ]
1934年、東京生まれ。フリー・ジャーナリスト。元朝日新聞編集委員。NHK記者を経て朝日新聞記者となり、社会部、『朝日ジャーナル』、『週刊朝日』などに在籍、人物ルポや、「子どもと教育」「戦争と平和」などをテーマに取材・執筆活動を続けた