辺野古問題をどう解決するか―新基地をつくらせないための提言

個数:

辺野古問題をどう解決するか―新基地をつくらせないための提言

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月17日 14時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000247221
  • NDC分類 395
  • Cコード C0031

内容説明

沖縄の強い反発にもかかわらず、辺野古移設計画が強行されようとしている。日本政府は米海兵隊の抑止力を強調し、同計画を「唯一の選択肢」とするが、はたして本当か。筆者らは、米政府や軍関係者らを取材し、米海兵隊の運用実態などを緻密に検証。日本と沖縄の歴史、自衛隊や在沖米軍の活動の変容などを明らかにしながら、新基地を建設させない具体的な政策を提言する。

目次

第1部 根拠なき「辺野古移設」―日本政府の「思考停止」がもたらす危機(日本政府は沖縄に何をしてきたか、何をしていないか―歴史から問う;沖縄・米軍海兵隊の実態を検証する;変わる自衛隊・米軍の役割―非軍事活動の拡大と新たな安全保障;米国の抑止力のジレンマと沖縄;辺野古基地建設をめぐる米国の声)
第2部 提言(今こそ辺野古に代わる選択を)

出版社内容情報

辺野古移設計画は「唯一の選択肢」なのか。米海兵隊の「新ローテーション方式」など、新基地を建設させない具体的な政策を提言。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件