文の彩り―顔・姿・心を描く名表現

個数:
  • ポイントキャンペーン

文の彩り―顔・姿・心を描く名表現

  • 中村 明【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 岩波書店(2006/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月15日 22時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247078
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0081

内容説明

近現代の作家の名文から人物表現の技法とセンスを読み解く。「顔を描く」「姿を描く」「心を描く」の三部から構成。文学作品の名表現を縦横に引用しながら、魅力的な名文を知り尽くした著者が、日本語による表現の極意を楽しくわかりやすく解き明かす。数々の文例から、日本人を描く日本語表現の美しさ、日本語のゆたかさを味わい、その特質を考える。

目次

1 顔を描く(雪に浮ぶ女の髪;むくむくと青筋を這わして;睫毛の影を頬に落し ほか)
2 姿を描く(レモンの切口のようにすかあっとした襟足;こましゃくれて見える乳首;牛乳瓶のようなずんべら棒の胴 ほか)
3 心を描く(まぶしいような深いよろこび;ぷすんと黙ったきり;くすぐったいような悲しさ ほか)

著者等紹介

中村明[ナカムラアキラ]
1935年山形県鶴岡市の生まれ。国立国語研究所室長、成蹊大学教授を経て早稲田大学教授。『角川新国語辞典』『集英社国語辞典』の編者、『三省堂類語新辞典』の編集主幹。高校国語教科書(明治書院)統括委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。