フランス植民地主義と歴史認識

個数:

フランス植民地主義と歴史認識

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年05月25日 12時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 354,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246934
  • NDC分類 235.07
  • Cコード C0022

内容説明

近代において世界にまたがる広大な植民地帝国を築いた、フランス。植民地支配という“過去”は、現代フランスにおいてどのように認識されているのだろうか。長年フランス植民地史研究に取り組んできた著者が、第二次世界大戦における植民地の役割、独立戦争についての記憶の交錯、本国と植民地との相互関係などに着目し、歴史認識の“現在”を問う。

目次

第1部 戦争を通してみる植民地史(フランスと第二次世界大戦―「克服すべき過去」とは何か;インドシナ戦争とその記憶―忘れられた植民地戦争;「人道に対する罪」と植民地―ヴィシーからアルジェリア独立戦争へ)
第2部 交錯する歴史としての植民地史(戦間期フランスにおける植民地―帝国支配の諸相から;「ユーラフリカ」―ヨーロッパ統合のなかのフランス領アフリカ;“フランス語”という空間形成―植民地帝国の変遷とフランコフォニーの創設)
第3部 植民地支配の過去と現代社会(フランスにおけるポストコロニアリズムと共和主義;「二〇〇五年」フランスの議論から―歴史を書くのは誰か)

著者等紹介

平野千果子[ヒラノチカコ]
1958年生。武蔵大学人文学部教授。フランス植民地史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。