検証 福島原発事故・記者会見〈2〉「収束」の虚妄

個数:

検証 福島原発事故・記者会見〈2〉「収束」の虚妄

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年05月26日 10時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246835
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

二〇一一年一二月一六日、政府は原発事故「収束」宣言を出した。それから一年余り。事故現場では過酷な作業が続き、被災者たちは苦しい生活を余儀なくされている。東電・政府はこの一年、何をやってきたのか。マスコミは何をどう報じてきたのか。記者会見、そして、現地での取材を重ねた著者が、欺瞞に満ちた「収束」の虚妄を、明らかにする。

目次

1 「収束」宣言
2 漏れ続ける汚染水
3 被曝隠し
4 情報“非”公開
5 二つの秘密会議
6 避難する権利
7 原発再稼働
8 あるジャーナリストの死
9 いま何をすべきか

著者等紹介

木野龍逸[キノリュウイチ]
1966年生まれ。日本大学経済学部卒、編集プロダクションに所属後、オーストラリアの邦人向けフリーペーパー、アウトドア雑誌の編集部などを経て、フリーランスのライター兼カメラマンとして活動。主に車と環境やエネルギーとの関係、次世代車などについて国内、欧米、アジアで取材を行う。福島第一原発の事故後は、東電、政府の記者会見、福島県内の取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

政府による原発事故「収束」宣言から一年余り.宣言の裏で,事故現場では過酷な作業が続き,被災者たちは苦しい生活を余儀なくされている.政府・東電はこの一年,何をやってきたのか.そしてマスコミは何をどう報じてきたのか.記者会見,現地での取材を重ねた著者が「収束」の虚妄を明らかにする.