文学と文学理論

個数:

文学と文学理論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年11月21日 17時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 430,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246644
  • NDC分類 901
  • Cコード C0098

内容説明

文学研究の垣根をこえ、批評理論は広く人文学的研究の枠組みとして浸透した。だが、歴史や文化、人種やジェンダーを対象に数々の理論が語られながら、理論の視野からは急に文学それ自体が消え去ってしまったかに見える。小説と国民国家、行為遂行的なもの、過剰解釈、全知の語り、哲学の悪文など、多様なテーマを論じながら、あらためて理論と文学の再接合をはかり、「文学的なもの」に焦点をあてて、文学理論のもつ豊かなパースペクティヴを浮き彫りにする。

目次

理論(理論の中の文学;小説と国民国家;理論への抵抗)
諸概念(テクスト、その運命の転変;記号―ソシュールとデリダ、恣意性について;行為遂行的なもの;解釈―「過剰解釈」を弁護する;全知)
批評的実践(悪い文章と良い哲学;批評的著述;カルチュラル・スタディーズ;とうとう比較文学)

出版社内容情報

歴史や文化,人種やジェンダーを対象に数々の理論が語られながら,文学は理論の分析対象から消え去ってしまったかに見える.だが,あらゆる言説には「文学的なもの」が潜んでいるのだ.小説と国民国家,全知の語り,実践としての批評など,多様なトピックを取り上げ,文学理論のもつ豊かなパースペクティヴを浮彫りにする.