ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む

個数:

ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月23日 02時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 169,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246613
  • NDC分類 187.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

お坊さんが立ちあがる! 寺に「お話,聞きます」の張り紙を出す,「24時間いつでもどうぞ」と携帯の番号を教える,インターネットで語り合う,何も尋ねず困窮者を受け入れる……。苦しむ人に寄り添う僧侶の姿を各地に追う.仏の教えの原点に立ち返り,見えてきたいのちとは。仏教発のあたたかいこころが日本を変える。

内容説明

わたしたちの社会の矛盾を象徴する貧困問題と自殺問題。血縁や地縁も崩れつつある「無縁社会」のなかで、僧侶たちが新たな縁を結びなおそうと動き出した。一切の例外なく「いのち」を慈しむ仏教の精神は、わたしたちが見失った大切なことを気づかせてくれる。現実を前に戸惑いながらも、人の悲しみや苦しみに寄り添おうとする僧侶たちの姿を各地に追ったルポルタージュ。

目次

第1章 路上のいのちに触れて
第2章 僧侶にもできる 僧侶だからできる
第3章 自立へ、人生のゴールへ
第4章 こころを聴く
第5章 結びなおされる縁
終章 感じる仏教・寄り添う仏教へ

著者等紹介

磯村健太郎[イソムラケンタロウ]
1960年、福岡県生まれ。1983年、朝日新聞社入社。社会部記者、外報部記者などを経て、サンパウロ支局長、ローマ支局長、アエラ副編集長などを歴任。現在、東京本社文化グループ記者として、おもに「宗教」「こころ」をテーマに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユカ

5
献身、まさに身を捧げている僧侶たち。どうかご自分の体も大事にしてほしい。仏教の話を聞くとただただ自分の幸せな状況が気づかされ、つまり、現状で満足しなくては、と思わされる…。家族を大事に、家族を支えなくてはね…2019/10/06

犬養三千代

5
キリスト教会の活動は時折目にしたり聞いたりするが、仏教も少しずつはじまったのだなと。この本は2011年発行。宮城県の亘理の行持院は、いまどうなってるのだろう? 寄り添うことの大切さ、 寂しいと言える相手、 、、、苦しいときの仏頼み。2017/08/10

なめこ

5
宗教家の存在が薄い、あるいは胡散臭い現代日本。でも心あるほんものの宗教家もいるんだ、ということがわかった。おむすび一つじゃなんの足しにもならない、でも気にかけている人がいるというただそれだけの力が、ないのとあるのでは大違い。祈り、という目に見えないものが、この世の中の案外多くを支えているのかも。2015/12/12

koji

4
東日本大震災で、山折哲雄さんが逸早く「寄り添う」という言葉を使っておられました。「がんばろう」が連呼されるのに違和感を感じたのは私だけではないはずです。その後報道も「寄り添う」が少しずつ多くなりました。本書は、自殺・貧困問題への仏教の「寄り添い」を書いています。筆者は、キリスト教に比べ周回遅れとなった仏教の自殺・貧困への関わりを、抑制の効いたタッチで静かに編んでいきます。最後に「名聞(自負心、おしつけ)を意識する自分のいやらしさ」を言います。人に潜む尊大さを抑えること。寄り添うとはかくも難しいものです。2011/06/10

ビシャカナ

3
仏教が貧困や自殺になにができるのか、寺を出て、寺を開いて、まだまだはじまったばかりの取り組み。僧侶たちの思いも様々、それは僧侶自身の修行でもある。人の話を聞いて、人の気持ちを受け入れる、その難しさを強く感じる。手探りでも、ひとつひとつの積み重ねしかないのだろうなあ2015/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2392143

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。