ふたつの戦争を生きて―ファシズムの戦争とパルチザンの戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

ふたつの戦争を生きて―ファシズムの戦争とパルチザンの戦争

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246552
  • NDC分類 976
  • Cコード C0022

内容説明

典型的なファシスト少年として育ったヌート・レヴェッリは、若き将校としてロシア戦線に派遣されるが、ソ連軍の攻撃の前にイタリア軍はたちまち壊滅。数百キロにわたる厳寒と飢えの退却行を経て辛くも故郷イタリアに生還したヌートは、兵士に無謀な戦争を強いるファシスト政府への怒りを胸に、パルチザン武装闘争へと身を投じてゆく―。戦後一貫して、名もなき貧しき者たちの戦争経験を掘り起こし記録しつづけてきた著者が、晩年、若い世代に向けて熱く語った自らの体験の記録。

目次

1章 ファシズム 一九二二~三九年
2章 西部戦線での戦争
3章 ギリシア=アルバニア戦線 一九四〇~四一年―モーデナ陸軍士官学校
4章 ロシア戦線イタリア派遣軍(CSIR)―山学軍団の備え
5章 第八軍(ARMIR) 一九四二年七月~一九四三年一月一六日―ロシア戦線における山岳軍団
6章 ロシアから退却と捕囚
7章 一九四三年七月二五日から九月八日まで―初期のパルチザン部隊
8章 クーネオ地域におけるパルチザン戦―第四部隊と一九四四年四月の掃討・「カルロ・ロッセッリ」旅団と一九四四年八月の掃討・フランスにおける「カルロ・ロッセッリ」旅団
9章 クーネオの解放と「解放」後

著者紹介

レヴェッリ,ヌート[レヴェッリ,ヌート][Revelli,Nuto]
1919~2004年。著作家。イタリア軍将校としてロシア戦線に派遣され、辛くも生還した後パルチザンの指導者となる。戦後、一貫して庶民の視点から戦争についての証言の掘り起こしと記録に従事した

志村啓子[シムラケイコ]
1947年生まれ。翻訳家。東京外国語大学イタリア語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

第二次世界大戦下、将校として派遣されたロシア戦線からの壮絶きわまりない敗走。そして生還後、無謀な戦争を強いる政府への怒りから身を投じた反ファシズム・パルチザン闘争の日々。――イタリアの作家が若い世代に向けて熱く語った自らの体験の記録。