プリムローズ・リーグの時代―世紀転換期イギリスの保守主義

個数:

プリムローズ・リーグの時代―世紀転換期イギリスの保守主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月27日 08時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 347,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246330
  • NDC分類 233.06
  • Cコード C0022

内容説明

イギリス史上初めて労働者が有権者の過半に達した一八八〇年代の選挙法改正後、大方の予想を裏切り到来したのは、二〇年にわたる未曾有の保守黄金時代であった。労働者たちは、なぜ、いかにしてコンサヴァティズムへと組織・動員されたのか?欲望の肯定、悪漢の設定、女性層の開拓―一世を風靡した政治団体プリムローズ・リーグの巧みな手法と論理に迫る。

目次

序章 「保守党支配の時代」とポピュラー・コンサヴァティズム
第1章 ディズレイリの記憶
第2章 プリムローズ・リーグとは?
第3章 肯定される欲望―プリムローズ・リーグと「快楽の政治」
第4章 設定される「悪漢」―プリムローズ・リーグとアイルランド自治問題
第5章 組織・動員される「未開拓領域」―プリムローズ・リーグと女性の政治参加
終章 「保守党支配の時代」の終焉とプリムローズ・リーグ

著者等紹介

小関隆[コセキタカシ]
1960年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。京都大学人文科学研究所助教授。イギリス・アイルランド近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。