ファンタジーと言葉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246316
  • NDC分類 934
  • Cコード C0098

内容説明

作家がいちばんよくきかれる質問は「そのアイディアはどこからとったのですか?」「ゲド戦記」の作者ル=グウィンがファンタジーを紡ぐ想像力や言葉について、みずからの体験をまじえながら自由に、軽やかに語るエッセイ集。

目次

個人的なこと(自己紹介;インディアンのおじさん;わたしの愛した図書館)
これまでに読んできたもの(幸福な家庭はみな;現実にそこにはないもの―『ファンタジーの本』とJ.L.ボルヘス;子どもの読書・老人の読書―マーク・トウェイン『アダムとイブの日記』;内なる荒野―「眠り姫」と「密猟者」、そしてシルヴィア・タウンゼンド・ウォーナーについての追記;ページの外で/うるさい雌牛たち―朗読についてのおしゃべりと詩)
いま考えていること(“事実”そして/あるいは/プラス“フィクション”;遺伝決定論について ほか)
作家として書くこと(作家と登場人物;自問されることのない思いこみ;わたしがいちばんよくきかれる質問;年をとって書かずにいること)

著者紹介

ル=グウィン,アーシュラ・K.[ルグウィン,アーシュラK.][Le Guin,Ursula K.]
アメリカの作家。1929年、カリフォルニア州バークリー生まれ。『闇の左手』『所有せざる人々』などのSFで数々の賞を受賞、「ゲド戦記」シリーズでファン層を飛躍的に広げた

青木由紀子[アオキユキコ]
1954年、東京生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)