プラトンを読むために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 228,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246125
  • NDC分類 131.3
  • Cコード C0010

出版社内容情報

議論の中断,先送り,そして絶えず勝利するソクラテスとその長広舌….対話篇の奇妙な諸特徴を手掛かりに,プラトン対話篇の新たな読解を大胆に提示する.近代的解釈を批判し,哲学界に刺激を与えるテュービンゲン学派の代表作.

内容説明

議論の中断や先送り、絶えず勝利するソクラテスとその広長舌…、対話篇を読んだとき誰も気づく奇妙な特徴は、プラトンの哲学とどのような内的連関をもっているのだろうか?本書は、これらの諸特徴を手掛かりとしてプラトンの著述戦略を見さだめ、対話篇の新たな読解を大胆に提示する。シュライエルマッハー以降の近代的解釈を批判し、「書かれざる教説」を読解に構造的に繰り込みつつ、「形式」と「内容」との解釈学的連関に新たなダイナミズムを吹き込む。プラトンを読むことの面白さを的確に語る魅力的なプラトン哲学案内。

目次

プラトンを読むよろこび
読み手は自分自身を読解に繰り入れる
個々人ごとの受け止め方―ある事例
読み手のおかしがちな誤った理解
知らないものには気づかない
プラトン対話篇の特質
特質の各項吟味
プラトンはだれを対象に著作しているのか
プラトンの対話篇は多声的に語られているか(現代の対話篇理論)
古代における一解釈理論〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

iwasabi47

4
入門の体を取りながら、ある程度のプラトンへの見通しが無いと難しいが、プラトンの方法論が丁寧に論じられている。彼は一番大事な事(魂、根源)を明示的に著作で印していない。それは口頭(哲学的問答法)によって。  見返しから 議論の中断や先送り、絶えず勝利するソクラテスとその広長舌……対話編を読んだとき誰もが気づく奇妙な特徴は、プラトンの哲学とどのような内的連関を持っているのだろうか?本書は、これらの諸特徴を手掛かりとしてプラトンの著述戦略を見さだめ、対話編の新たな読解を大胆に提示する。(続2020/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/591087

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。