• ポイントキャンペーン

普請の顛末―デザイン史家と建築家の家づくり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 137p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000246095
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

内容説明

著名なデザイン史家が、“住宅名人”の建築家に依頼して家をつくった。“質素で豪胆な家”という願望が、箱型構造の家に結実し、これこそ未来を保証するデザインだと確信するまでの実録。使い捨ての家はもう要らない、百年は住み継げる家をつくろう。建築家との出会いから、それぞれの思いまで、知っておきたい家づくりの知恵とわざがここにある。

目次

1 家をつくりたい(どこに住むか;建築家・中村好文さんに出会う ほか)
2 設計そして工事へ(格子状の設計プラン;工事が始まる)
3 家の姿が現れる(骨格が建ち上がる;キッチンのレイアウト ほか)
4 使い捨てない家(生活がはじまる;玄関まわりと植物 ほか)

著者紹介

柏木博[カシワギヒロシ]
1946年生まれ。武蔵野美術大学卒。現在武蔵野美術大学教授。デザイン史専攻

中村好文[ナカムラヨシフミ]
1948年生まれ。武蔵野美術大学卒。建築家/現在日本大学教授。住宅建築に専心。吉岡賞・吉田五十八賞特別賞受賞

出版社内容情報

“豪胆な家”という願望が,箱型構造の家に結実し,これこそ未来を保証するデザインだと確信するまでの実録.使い捨ての家はもういらない,百年は住み継げる家をつくろう.-これからの住まいに関する知恵とわざを紹介.