東アジア和解への道―歴史問題から地域安全保障へ

個数:

東アジア和解への道―歴史問題から地域安全保障へ

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年11月20日 05時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 214,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000245289
  • NDC分類 319.2
  • Cコード C0031

内容説明

なぜ東アジア諸国は対立と不信と憎悪のスパイラルから抜け出せないのか。信頼と協力の枠組みはどうすれば構築できるのか。第一部では「歴史和解」問題をめぐり、ヨーロッパの戦後和解の事例を参照しながら、克服すべき課題や解決に向けての論点や筋道を明確化し、いかに過去と向きあうかを考える。第二部では東アジアの現在と未来に目を向けて、何が起こっているのか、共生に向けてどのような枠組みを構築すればいいのか、協調的安全保障のありかたを考える。そのさい、国家よりも人間の安全に焦点を合わせて、国家間対立を超えた「人間の安全保障」を地域共通のビジョンとする。日中韓の知識人たちによる共同討議の記録。

目次

第1部 日中韓の歴史和解を求めて(和解の先例―「ドイツ経験」「台湾経験」;中国知識人の歴史認識と日中和解論;韓国知識人が提起する歴史和解)
第2部 日中韓の新たな協力・共存枠組みの創造に向けて(国際社会と安全保障;環境問題における日中韓協力枠組みの創造)

著者紹介

天児慧[アマコサトシ]
1947年生まれ。早稲田大学現代中国研究所所長、同大学院アジア太平洋研究科教授

李鍾元[リージョンウォン]
1953年生まれ。早稲田大学韓国学研究所所長、同大学院アジア太平洋研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歴史認識問題、領土問題、安全保障、環境保全協力などの解決を求めて日中韓の識者たちが忌憚なく討議。