一〇一年目の孤独―希望の場所を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 168p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245203
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

作家は、さまざまな場所を訪ね歩いた。ダウン症の子どもたちのアトリエ。身体障害者だけの劇団。愛の対象となる人形を作る工房。なるべく電気を使わない生活のために発明をする人。クラスも試験も宿題もない学校。すっかりさま変わりした故郷。死にゆく子どもたちのためのホスピス…。足を運び、話を聞き、作家は考える。「弱さ」とは何か。生きるという営みの中に何が起きているのか。文学と社会、ことばと行動の関わりを深く考え続けてきた著者による、はじめてのルポルタージュ。

目次

いいんだよ、そのままで―ダウン症の子どもたちのための絵画教室
たいへんなからだ―身体障害者の劇団「態変」
愛のごとく―「人間以上」のものを愛することについて
電気の哲学者―非電化工房代表の藤村靖之博士
山の中に子どもたちのための学校があった―南アルプス子どもの村小学校
尾道―「東京物語」二〇一三
ベアトリスのこと―子どもホスピス、マーチン・ハウス前編
ここは悲しみの場所ではない―子どもホスピス、マーチン・ハウス後編

著者等紹介

高橋源一郎[タカハシゲンイチロウ]
1951年生まれ。作家。明治学院大学国際学部教授。1981年、『さようなら、ギャングたち』(講談社)で第4回群像新人長編小説賞優秀作受賞。『優雅で感傷的な日本野球』(河出書房新社、1988年)で第1回三島由紀夫賞受賞、『日本文学盛衰史』(講談社、2002年)で第13回伊藤整文学賞受賞、『さよならクリストファー・ロビン』(新潮社、2012年)で第48回谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨクト

24
みな必死だ。少しでも弱さをみせると世界から切り離されてしまうようで。子ども、高齢者、障がい者、病人。弱さにもいろいろあるし、その弱さを受け入れ、その弱さを育ててくれる場所も必ずある。世界に必死にしがみついていては気づけないだけで、その弱さには大切なものがある。弱さは時に君を味方する。弱さをさらけだせる人はかっこいい。高齢化社会に突入する中で、かっこいい弱さを持つ、弱さを認めてくる、そんな人生の先輩方に出会えたら、そんな社会も不安じゃないね。2014/05/09

ruki5894

15
緩やかに坂を下っていく。いい言葉だと思う。親も年老いて自分もゆっくりと下り始めている。そんな時にこの本に出会えて良かった。2019/07/12

saga

14
社会で弱者といわれる病気や障害のある方、学会へ行けない方、お年寄りらを訪ね歩かれたルポルタージュ。そういった方々を弱者だとは勝手にこちらが思い込んでいること。反対に 自分より生きることに素直で、本当に今、見直さなければならない心を持っておられると感じた。考えさせられる本でした。2014/09/12

Foufou

11
高橋源一郎も70歳。この人の講演会を手伝って以来著作をポツポツ拝読して至る今日。古希ともなればポストモダンの旗手も「死」と向き合うのは道理、か。「『文学』というものが何に似ているか、と訊ねられたら、わたしは、あの時、抱いていた(重症心身障害の)赤ん坊のことを思い出すのである」。ダウン症児のアトリエ、身体障害者の劇団、小児ホスピス…を訪ね、「弱者」にこそ励まされ、そこに文学との類縁性を見出していく。自然に寄り添うありようもまた文学か…と、虚をつかれる思い。死に際に、文学を思い出すだろうかとふと自問してみる。2021/06/24

Naomi

11
図書館の新刊棚で、気になって。「ダウン症の子どもたちのアトリエ」や、「身体障害者だけの劇団」、「子どものためのホスピス」などを訪れたルポルタージュ。興味深かったけれど、文章が好みに合わず、流し読み。「クラスも宿題もない学校」きのくに子どもの村学園を知ることができたのは、よかった。あとがきにあった、重症心身障害児・者の通所施設「でら~と」を取り上げている、ドキュメンタリー映画「普通に生きる」を土曜日に観たばかり。映画、すごくよかった。2014/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7828674

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。