非常事態宣言1948―在日朝鮮人を襲った闇

個数:

非常事態宣言1948―在日朝鮮人を襲った闇

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年06月22日 02時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245081
  • NDC分類 376.9
  • Cコード C0036

内容説明

日本が連合国軍による占領下にあった一九四八年。その年の四月二四日、深夜の神戸。突如として発令された、非常事態宣言―。なぜ、神戸という場所で、民族教育を求めた在日朝鮮人を対象として、非常事態宣言が発令されたのか。そのとき、何が起きていたのか。日本・米国・朝鮮半島をめぐる冷戦構造のもと在日朝鮮人が抱えた困難を描く、渾身のノンフィクション。

目次

はじめに―非常事態宣言発令を伝える号外
1 民族教育の歩み
2 米国の朝鮮政策と在日問題
3 「非常事態」へと至る阪神教育闘争
4 深夜の非常事態宣言発令
5 しばしの「和解」に向けて
6 なぜ神戸で非常事態宣言は発令されたのか―神戸と朝鮮を結ぶ点と線
おわりに―四・二四、六一周年記念集会

著者等紹介

金賛汀[キムチャンジョン]
1937年京都生まれ。ノンフィクション作家。朝鮮大学校卒業後、朝鮮総連系の雑誌記者を経て独立、主に在日朝鮮人問題、教育問題について執筆を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本が連合国軍による占領下にある1948年4月24日夜,神戸で,空前絶後の非常事態宣言が発令された.なぜ,神戸という場所で,民族教育を求めた在日朝鮮人を対象として,非常事態宣言が発令されたのか.日・米・朝鮮半島をめぐる冷戦構造のもと在日朝鮮人が抱えた困難を描く,