必要か、リニア新幹線

個数:

必要か、リニア新幹線

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月23日 19時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 170,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245067
  • NDC分類 686.1
  • Cコード C0036

内容説明

東京‐大阪間を一時間七分で結ぶリニア中央新幹線―この巨大プロジェクトが、二〇二七年(東京‐名古屋)、二〇四五年(大阪まで)の開業をめざして動き出そうとしている。だが、それは本当に必要か、可能か、また成功するか。東京湾横断道路など国内外の巨大開発の成否を検証してきた著者が、採算性、安全性、環境の視点から検討する。全ルートの八割はトンネル・地下、運転士は不在、需要・工費は甘い予測…。知られざる計画に光を当て、幅広い議論を呼びかける。

目次

第1章 リニア新幹線は夢か幻か(構想から計画へ;問われるべきこと)
第2章 実現の条件、成功のカギ(結果で決まる成功と失敗;目的の妥当性と実現の可能性;実現を可能にする三条件)
第3章 インフラ投資の成功と失敗(成功・失敗の背後には必ず原因あり;わが国の成功例・失敗例を検証する;海外の成功例・失敗例を検証する;過去の経験から学ぶ)
第4章 リニア中央新幹線は成功するか(なぜつくるのか;実現可能性はあるか)
第5章 いま何が求められているか(なぜ「リニア」か;どんな効果や成果が期待されているか;計画の再検討に向けて;リニア鉄道の導入は是か非か)

著者紹介

橋山禮治郎[ハシヤマレイジロウ]
1940年、静岡県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)調査部長、日本経済研究所専務理事、米Resources for the Future研究所客員研究員、OECD都市環境局、米アラバマ大学招聘講師、明星大学教授等を経て、千葉商科大学大学院客員教授、アラバマ大学名誉教授。専攻:政策評価、公共計画、経済政策。この間、大平正芳首相の田園都市国家構想立案に参画したほか、各種政府審議会・委員会委員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

東京―大阪間を約1時間で結ぶ,8割がトンネル・地下のリニア中央新幹線。この大規模なプロジェクトをどう見るか。東京湾横断道路,超音速機コンコルドなど国内外の巨大開発の成否を検証してきた著者が,採算性,安全性,環境の視点から疑問を提起.需要・工費の甘い見通しなどを具体的に指摘して,根本的な再検討を主張する。