表象と批評―映画・アニメーション・漫画

個数:

表象と批評―映画・アニメーション・漫画

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年04月24日 04時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245029
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

ヒッチコック、スピルバーグ、アルマー,イーストウッド,新海誠,荒木飛呂彦,楳図かずお。視覚ジャンルを超えて大衆表象を分析する待望の批評集。

目次

眩暈と落下―ヒッチコック『レベッカ』のテクスト分析
第1部 映画(歴史と物語―スペクタクル映画作家スピルバーグ;ジャンル、スタジオ、エクスプロイテイション―エドガー・G・アルマー論の余白に;ジャンルの歴史の終焉―西部の人、クリント・イーストウッド)
第2部 アニメーション(風景の実存―新海誠アニメーション映画におけるクラウドスケイプ)
第3部 漫画(法外なもの、不均衡なもの、否定的なもの―マニエリスト漫画作家荒木飛呂彦;愛の時間―あるいは漫画はいかにして一般的討議を拒絶するのか;プロミネンス、瞳の爆発―楳図漫画の恐怖の受容と表象)

著者等紹介

加藤幹郎[カトウミキロウ]
1957年長崎市生まれ。映画批評家、映画学者。京都大学大学院人間環境学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヒッチコック、スピルバーグ、アルマー、イーストウッド、新海誠、荒木飛呂彦、楳図かずおetc。なぜ、かれらの作品は私たちを魅了するのか。ジャンルを超えて、幾多の最重要作品に肉薄する、待望の評論集。