• ポイントキャンペーン

“始まり”のアーレント―「出生」の思想の誕生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 386,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244596
  • NDC分類 311.234
  • Cコード C0031

出版社内容情報

豊饒な可能性を湛え、われわれの思考をつねに刺激し続ける思想家ハンナ・アーレント。本書は彼女の思索の起源に遡り、草稿を含む主要なテクストの精読を通して、その<始まり>を明らかにする。アーレント研究の新たな地平を切り拓く新鋭の登場。

内容説明

「自由」や「複数性」といった概念を懐胎した、アーレントを貫く原理である「出生」の思想とは何か。「世界への愛」が、ここから開かれる。

目次

第1章 アーレント解釈史を捉え直す―何が問われ、何が問われてこなかったのか(裁断されるアーレントの思想―現代政治理論の隘路の中で;拡散するアーレント像―一九九〇年代以降のアーレント解釈 ほか)
第2章 自己・他者・世界をめぐる問いの始まり―アウグスティヌス論とパーリア論(『アウグスティヌスにおける愛の概念』―その問いの構造;『アウグスティヌスにおける愛の概念』におけるアーレントの探究―隣人の意義をめぐって ほか)
第3章 「制作」の暴力性―全体主義論の生成過程(1)(アーレントの全体主義論の特質―その問いの射程と構造;「人種帝国主義」論から『全体主義の起源』初版まで―近代人のニヒリズム ほか)
第4章 「制作」から「労働」へ―全体主義論の生成過程(2)(「制作」と「労働」―過程を支配するhomo faberと過程に支配されるanimal laborans;「組織化された孤絶」の破壊力―『全体主義の起源』第二版における全体主義理解 ほか)
第5章 出生について―政治的なるものの「始まり=原理」(「出生」の思想の誕生―「始まり」の時間性;自由の「始まり=原理」―『アウグスティヌスにおける愛の概念』を新たに反復する ほか)

著者等紹介

森川輝一[モリカワテルカズ]
1971年生まれ。西洋政治思想史専攻。現在、名城大学法学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七忍ミイラ

2
アレントの思想を「再び‐捉え直す」堅実な研究所。アウグスティヌス論から全体主義論までが扱われている。特に『全体主義の起源』が初版から第2版へとどうして/どのように変更されたかを辿る筆致は見事である。アレントが全体主義を「制作work」から「労働labor」の視点で捉え直し、そのことによって、全体主義を大衆の運動と見做し、非人称的支配が行われている点を指摘するが、ただしそれでも個人の責任を問えるとする。個人的なところで言えば、アガンベンがフーコーの生政治にアレントの議論を組み込もうと思った理由がわかった。2018/08/15

check mate

1
これまでのアーレント研究ではほとんど顧みられることのなかった『アウグスティヌスにおける愛の概念』の精緻な検討を通じ、後年になってアーレントが「活動」概念を提出するまでの道行を再構成する。少なくとも第1章「アーレント解釈史を捉え直す」を読まずにアーレントは語れないだろう。2014/09/10

0
アレントの1929年の博士論文から1958年までの諸著作と諸版を中心に精緻に読解し、彼女の思考の流れ・変遷を辿る本。ハイデガーやヤスパースとの関連、著作毎の内容の変化、先行研究との差異など、多面にわたって細やかな考察が行われる。アーレントブームとも言える状況のなかで彼女の思想が様々に「使われる」いま、本書でなされているような「アーレントが思考したように語る」禁欲的な?研究は非常に重要であると考える。今後の目標となる1冊。2017/04/17

もつ

0
アーレントのnatalityを訪ねて迷う、その序説。つまり、アーレントのはじまりのはじまり、そのはじまり。2012/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/659784

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。