発見術としての学問―モンテーニュ、デカルト、パスカル

個数:

発見術としての学問―モンテーニュ、デカルト、パスカル

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月22日 08時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244589
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C0090

内容説明

あのデカルトが、美文に憧れた!「考える葦」の強調点は、愚かでろくでもないことばかり考える“わたし”に打たれていた―テクストから「生身の丸ごとの人間」の体験と思想をよみがえらせようとするとき、通念はくつがえり、見たことのない思想史の断面が現れる。近代のはじまり、一七世紀のモラリストたちに尋ねる、学問のほんとうの面白さと、生きるためのヒント。

目次

序章 言葉への愛―発見術としての学問
第1章 モラリストの知恵―古典に学ぶ人間学
第2章 文献学者と知識人―日本におけるフランス文学研究
間奏の章
第3章 良識はどうして公平に分配されているのか―bon sensと誤謬論
第4章 パスカルにとって“パンセ”とは何であったか
第5章 ひとは今を生きることができるか―パスカルの時間論

著者紹介

塩川徹也[シオカワテツヤ]
1945年生まれ。専攻、フランス文学・思想、東京大学教養学部教養学科卒業。パリ・ソルボンヌ大学第三期課程博士号取得。現在、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

よく生きるための実践的学問論。17世紀モラリストたちの思考に探る、今日の知を再生させるためのヒントの数々。精細な「読み」が、テクストに人間の声を立ち上がらせ、「生きた問い」を呼び起こす。古典とは、知識人とは、近代の原理とは。