春雨物語論

個数:
  • ポイントキャンペーン

春雨物語論

  • 高田 衛【著】
  • 価格 ¥10,584(本体¥9,800)
  • 岩波書店(2009/12発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 196pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 339,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000244527
  • NDC分類 913.56
  • Cコード C3091

内容説明

最晩年の上田秋成が遺した未完の著作『春雨物語』とはどのような作品であるのか。近世小説が有する様式性からの離脱を試みた秋成晩年の文業を、作品世界の精緻な分析にもとづきながら、ひろく近世文学全体の流れの中に位置付ける。秋成研究の第一人者である著者の考究を集成した待望の論文集。

目次

1(秋成文学の展開―文学的攻撃者の足跡;『春雨物語』の世界―内なる古代・内なる言葉へ)
2(「血かたびら」幻想―二人の帝王の物語;「天津処女」傍見―六歌仙の“古代”;「目ひとつの神」逍遙―“老い”からの省察;「死首の咲顔」素描―物がたりさま;「宮木が塚」越境―時代と様式からの脱皮;「妖尼公」怪説―変身とエロス;「捨石丸」札記―石と剣の物語 ほか)

著者紹介

高田衛[タカダマモル]
1930年富山県生まれ。1953年早稲田大学第二文学部日本文学科卒業。1956年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。1965年東京都立大学大学院文学研究科博士課程修了。立正学園女子短期大学、東京都立大学、近畿大学の教職を歴任し、現在、東京都立大学名誉教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

最晩年の上田秋成が遺した未完の著作『春雨物語』とはどのような作品であるのか。近世小説が有する様式性からの離脱を試みた秋成晩年の分業を、作品世界の精緻な分析にもとづきながら、ひろく近世文学全体の流れの中に位置付ける。