パニュルジュの剣―ラブレーとルネサンス文学の秘法

個数:

パニュルジュの剣―ラブレーとルネサンス文学の秘法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 17時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 342,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000244473
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C0098

内容説明

ルネサンスを代表する知識人フランソワ・ラブレーの『パンタグリュエル物語 第三の書』、宮廷詩人クレマン・マロの諷刺詩『地獄』、そして国王の姉マルグリット・ド・ナヴァールの宗教詩『牢獄』。これらの文学作品においては、構造が解釈の鍵であり、この鍵を用いることで、テクストに隠されたメッセージが魔法のように浮かび上がる。本書はこれらの作品の綿密な分析を通して文人たちの驚くべき技法を明らかにし、さらにはルネサンスの知の枠組を照らし出す。発見にみちた知的探求のこころみ。

目次

序論 秘密の遠近法―対称構造とテクストのアナモルフォーズ
第1章 ヒュドラ対ヘラクレス―クレマン・マロの諷刺詩『地獄』における立体視の技法
第2章 言葉に封じ込められた霊―マルグリット・ド・ナヴァールの宗教詩『牢獄』における無限円と円形詩の合一
第3章 我々の陰茎はしばしば誤謬を犯す―ラブレーの『パンタグリュエル物語 第三の書』におけるファロスの歪曲図像と解釈の諸問題
第4章 諷刺詩から物語へ―ラブレーの『第三の書』におけるマロの『地獄』の影響
第5章 鞘より汝の剣を抜け―ラブレーの『第三の書』における武器と武装の両義性
結論 哲学の第一にして究極の原理―文学作品の構造とルネサンスの知の枠組
補遺1 『マグロンヌの書簡詩』
補遺2 『地獄』
補遺3 『崇高かつ神聖なパリ高等法院へ』