橋がかり―演劇的なるものを求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244183
  • NDC分類 770.4
  • Cコード C0097

内容説明

うつし世から夢幻の世界へ、シェイクスピアの世界劇場から能舞台へ、演劇の本源を尋ねる探求者の精神が橋がかりを歩む。厳粛なるものの傍らに滑稽、猥雑、ノンセンス―近代性の閉塞を突き破って時代を疾走した知性による、鋭利かつ繊細なる演劇論を集成。世阿弥、ベケット、イェイツ、鈴木忠志、グリーナウェイ…隔たった時代、隔たった文化の間で、自ら合わせ鏡となることによって異質な個性を出会わせながら、未知の光彩を放つ劇的イメージを捉える。言語と表象の近代性を脱臼させる、逆説的な戦略にかけた半生の作品であり、著者の晩年に至る二十年の営みを結晶させた遺著である。

目次

身体
狂気
記憶
他者
亡霊
言語
表象

著者等紹介

高橋康也[タカハシヤスナリ]
1932年2月生まれ。2002年6月没。専攻、英文学・演劇論。東京大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

シェイクスピアの劇場から能舞台へ,演劇的な知性が橋がかりを渡る.ギリシア悲劇から『花伝書』へ,ベケットから鈴木忠志へ.近代の病を超える劇的なるものを求め,軽快なフットワークで洋の東西を架橋した演劇論集成.