幕藩領主の権力構造

個数:

幕藩領主の権力構造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 22時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 506,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000244145
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C3021

内容説明

本書は、将軍と大名、幕府と藩という両者の関係を主軸として、幕藩領主の権力構造を分析しその特質を論じたものである。

目次

第1部 大名と将軍―幕藩関係論(豊臣体制と秋田氏の領国支配―幕藩権力成立の前提;幕藩体制初期の藩財政―譜代大名酒井氏小浜藩;幕藩制領主論 ほか)
第2部 幕府法令と藩(幕藩制前期の幕令―酒造制限令を素材に;元禄宝永期の幕令―「仰出之留」を素材に;江戸幕府寛文期の枡統制 ほか)
第3部 「公儀」国家(家綱政権論;幕藩権力分析についての覚書;幕藩官僚制論 ほか)

出版社内容情報

将軍と大名,幕府と藩という両者の関係を主軸にして幕藩領主の権力構造を分析し,その特質を論ずる.「公儀」国家はいかに形成されたか.30数年来の関心の下に執筆されてきた論文の中から16本を選りすぐって編集.