無意識の形成物〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 398p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000234115
  • NDC分類 146.1

内容説明

機知が、文学が、臨床が、精神分析と言語の関係を鮮やかに照らし出す。ラカンを「ラカン」にした思考の現場。

目次

ファルスのシニフィアンス(欲望と享楽;少女とファルス;理想の記章;欲望の諸定式 ほか)
神経症の臨床と治療における欲望と要求の弁証法(肉屋の女房の夢;「静かな水」の夢;“他者”の欲望;強迫症者とその欲望 ほか)

著者紹介

ラカン,ジャック[ラカン,ジャック][Lacan,Jacques]
1901‐1981。フランスの精神分析家。パリに生まれ、パリ大学で精神医学を修め、主にパラノイアを研究。第二次大戦後、フロイト理論をラディカルに展開し、有名な「鏡像段階論」をはじめとする自我や無意識の構造主義的探究によって、精神の科学に新たなる地平を拓いた。1964年にはパリ・フロイト派を創設し、その後のフランス精神分析の隆盛に決定的な役割を果たす。その思想活動は哲学・社会学・文学・言語論・記号論などにも広範な影響を及ぼした

佐々木孝次[ササキタカツグ]
1938年生まれ。専修大学文学部教授

原和之[ハラカズユキ]
1967年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授

川崎惣一[カワサキソウイチ]
1971年生まれ。城西国際大学福祉総合学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)