99歳精神科医の挑戦―好奇心と正義感

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000225434
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

パソコン5台を駆使してインターネットと日々旺盛な執筆活動―1世紀を生き抜き、高齢時代の最先端を行く“いきいき老人”の、驚異の人生と現代日本への洞察。

目次

旅立ち
追憶―風土と人生
自由の大地―松本高校から東大医学部へ
人生模様―石田昇と蘆原将軍
大自然の片隅―伊豆大島藤倉学園、そして北大へ
勝利なき戦い―十五年戦争と精神障害者の受難
忘れじの面影―伊藤千代子の青春と治安維持法
未知との遭遇―宗教妄想者「璽光尊」
間違えられた男―帝銀事件、精神鑑定と自白の信憑性
人間の絆―精神医療とサムライ達の誇り高き情熱
生きる情熱―精神障害者が人間らしく生きること
昨日・今日・明日―二十一世紀への処方箋

著者等紹介

秋元波留夫[アキモトハルオ]
1906年生まれ。精神科医。東京帝国大学医学部卒業。金沢医科大学(金沢大学医学部)教授、東大医学部教授、国立武蔵療養所(現国立精神神経センター)所長、都立松沢病院院長などを歴任。現在、日本精神衛生会会長、日本精神保健福祉政策学会会長、社会福祉法人ときわ会、あけぼの福祉会、きょうされんの各理事長を、またきょうされん(旧共同作業所全国連絡会)顧問、金沢医科大学客員教授を務める

上田敏[ウエダサトシ]
1932年生まれ。リハビリテーション医学の権威として知られる。東京大学医学部教授、帝京大学教授を経て、日本社会事業大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gtn

10
東大医学部時代、たまたま神田の古本屋で手にした石田昇著「新撰精神病学」により、著者の人生が変わる。その書には、精神病はいかなる天才も迷妄なる一肉塊に変わらしめるとあり、その原因を解き明かしたいと志す著者。その後、留学中統合失調症を発症して同僚を射殺し、松沢病院に入院した石田氏に、主治医として対面を果たそうとは。その時既に石田氏は精神荒廃し、氏の言う通り「一肉塊」となっていたようである。こんな凄まじい出会いがあれば、九十九になっても真理探究するのは当然だろう。2020/01/19

石橋

0
精神科医の自伝5冊目。だんだん現代的になってきた。東大医学部闘争に対する温度差が面白い。当時金沢大学教授だっただけに、璽光尊事件について詳しい。翌日に「目が覚めたような」双葉山に会ったとは貴重だ。しかしほんと元気だなこの人。2016/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137373

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。