ウィトゲンシュタインとウィリアム・ジェイムズ―プラグマティズムの水脈

個数:

ウィトゲンシュタインとウィリアム・ジェイムズ―プラグマティズムの水脈

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月21日 13時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000222365
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

内容説明

オーストリアの哲学者ルートウィヒ・ウィトゲンシュタインをぬきに、いまや20世紀の哲学は語れない。そのウィトゲンシュタインに、アメリカ・プラグマティズムの創始者の一人ウィリアム・ジェイムズは、これまで考えられてきた以上に深く、決定的な影響を及ぼしていた。綿密な文献考証によって二人の哲学者の影響関係を解明した画期的な書。ヨーロッパ哲学とアメリカ哲学の間に伏在する水脈を明らかにし、現代哲学史に一石を投じる斬新な解釈を提示する。

目次

序論
第1章 プラグマティックな経験の諸相
第2章 ウィトゲンシュタインと『宗教的経験の諸相』
第3章 ウィトゲンシュタインと『心理学原理』―導入
第4章 人間であるとは、どのようなことなのか?
第5章 言語と意味
第6章 プラグマティズム再考
終章

著者紹介

グッドマン,ラッセル・B.[グッドマン,ラッセルB.] [Goodman,Russell B.]
ニューヨーク生まれ。ペンシルヴェニア大学を卒業後、オックスフォード大学でM.A.、ジョンズ・ホプキンズ大学でPh.D.取得。専門はプラグマティズム、アメリカ思想史。長年ニューメキシコ大学で教鞭をとり、現在同大学名誉教授

嘉指信雄[カザシノブオ]
1953年生まれ。東京外国語大学国際学修士。エール大学博士(哲学)。専門は、現代哲学、近代日本思想、平和研究。現在、神戸大学人文学研究科教授。アメリカ哲学会第6回ウィリアム・ジェイムズ賞(1991年)受賞

岡本由起子[オカモトユキコ]
慶應義塾大学文学部卒業、博士(哲学)。専門は、ウィトゲンシュタイン、現象学。慶應義塾大学講師、東京家政学院大学助教授などを経て現在、情報知識学会常務理事

大厩諒[オオマヤリョウ]
1983年生まれ。中央大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(哲学)。専門は、ウィリアム・ジェイムズを中心とした世紀転換期の英米哲学。現在、中央大学兼任講師

乘立雄輝[ノリタテユウキ]
1968年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中退。専門は、パース、ジェイムズを中心とした英語圏の哲学、形而上学。現在、東京女子大学現代教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ウィトゲンシュタインにとってウィリアム・ジェイムズは決定的な影響を及ぼしていたことを、文献考証によって解明した画期的な本。