愛と魂の美術館

個数:

愛と魂の美術館

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000220705
  • NDC分類 720.4
  • Cコード C0071

内容説明

いのちへの無垢の感動をあらたにする美術エッセイ集。

目次

生と愛の章(いのちは授かりもの―フラ・アンジェリコ「受胎告知」;胎児、億年の生命記憶―レオナルド・ダ・ヴィンチ「解剖図」;抱きしめる―ラファエロ「小椅子の聖母」 ほか)
病と老の章(病いの想像力―古代ギリシアの浮彫「奉納板」;「神の宿」、病院の原点―十五世紀写本「修道院の病室」;痛み、人間存在の証し―カスパル「大外科学」 ほか)
死と魂の章(「まなざし」の時空―古代ギリシアの壷絵「出陣する兵士」;悼む、死者の魂を鎮める―古代ギリシアの浮彫「悲しみのアテナ」;死者が生者を導く―ミュンスター寺院「死の舞踏」 ほか)

著者等紹介

立川昭二[タツカワショウジ]
1927年生まれ。早稲田大学文学部卒業。北里大学名誉教授。医療史とくに文化史・心性史の視座から生病老死を追究。1985年サントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代から現代まで,日本と西洋の美術作品54点に着想を得ながら,人の「いのち」について考える随筆集.誰もが知る名画も,生老病死の文化史的考察を長年行ってきた著者が読み解くと,ひと味違う魅力が浮かび上がってくる.高齢社会を生きる現代人への,かけがえのないメッセージがここにある.心を穏やかに,豊かにさせてくれる一冊.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件