南北アメリカ大陸―~17世紀

個数:

南北アメリカ大陸―~17世紀

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2022年05月20日 16時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000114240
  • NDC分類 209
  • Cコード C0322

出版社内容情報

南北アメリカ大陸で独自の文化を築いてきた多様な先住民社会は、コロンブス以降の西欧諸国による植民地化にいかなる影響を与え、その過程をどう生き抜いたのか。先史時代から説き起こし、大西洋と太平洋が接続され日本も含むグローバルな諸関係が形成されるまで、変容していく世界を、先住民と他集団の主体性のせめぎ合いから捉え直す。

内容説明

先史時代から植民地時代までアメリカ大陸の独自な歩みと、世界の変容。

目次

展望(南北アメリカ大陸から見た世界史)
問題群(北アメリカにおける先史時代社会の諸相;アンデスとメソアメリカにおける文明の興亡;マヤ人から見たスペインによる征服と植民地支配)
焦点(トレント公会議とアンデスにおける先住民布教;一六世紀メキシコからみたグローバルとローカル―女性と家族を中心に;「先住民の黄金時代」とセトラー・コロニアリズムの衝撃―北米におけるイギリス人の経験から;一七世紀フランスの初期植民会社と小アンティル諸島;アメリカ植民地の経済とスペイン黄金世紀―“宮廷の侍女たち”のエンコミエンダ;徳川家康のメキシコ貿易交渉と「鎖国」)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

H2Oearthman

1
大越翼「マヤ人から見たスペインによる征服と植民地支配」。円環論的歴史観を持つマヤ人は、征服とキリスト教が広まったことに「意味」をもたせ「宇宙の秩序」を維持するため、後年それを「予言」した。この歴史記述の重み。誰がこの「修正」を断罪できようか。網野徹哉「トレント公会議とアンデスにおける先住民布教」。なぜ宣教師はインディオたちに訴訟を受け、いかにして異端審問は海を渡ったのか。「司牧者の悪徳根絶」から「インディオの邪教根絶」へ。ミクロな史料批判とマクロな視座が噛み合った見事な論考。お手本にしたいくらいうまい2022/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19284011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。