岩波講座 政治哲学〈3〉近代の変容

個数:

岩波講座 政治哲学〈3〉近代の変容

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月22日 15時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000113533
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0331

内容説明

「近代」の意味が問い直されるなか、フランス革命の衝撃に始まり、資本主義の発展と国民国家の形成によって特徴づけられてきた一九世紀の理解も揺らいでいる。ベンサム、J・S・ミル、トクヴィルからアナーキズム、プラグマティズム、社会民主主義まで、個人と社会をめぐる多様な構想を位置づけ直し、その現代的射程を探る。

目次

1 自由主義の多様性(ベンサム―功利主義における倫理と統治;ジョン・スチュアート・ミル―功利主義と代議制;コンスタン―立憲主義の基礎づけを求めて;トクヴィル―権威と自由をめぐる考察)
2 社会思想の諸展開(プルードンとアナーキズム―“政治的なもの”と“社会的なもの”;ナショナリズム―国民国家とは何であったのか;ニーチェ―「神の死」以降の宗教と国家)
3 新たなる紐帯の模索(プラグマティズム―習慣・経験・民主主義;連帯の思想―福祉国家の哲学的基礎;社会民主主義―J.A.ホブスンにおける社会主義と民主主義)

著者等紹介

宇野重規[ウノシゲキ]
1967年生。東京大学。政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「近代」の意味が問い直されるなか、フランス革命の衝撃に始まり、資本主義の発展と国民国家の形成によって特徴づけられてきた一九世紀の理解も揺らいでいる。ベンサム、J・S・ミル、トクヴィルからアナーキズム、プラグマティズム、社会民主主義まで、個人と社会をめぐる多様な構想を位置づけ直し、その現代的射程を探る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件