岩波講座 日本歴史〈第19巻〉近現代〈5〉

個数:

岩波講座 日本歴史〈第19巻〉近現代〈5〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月19日 06時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000113397
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0321

内容説明

戦後とは何だったのか。講和による「独立」から、55年体制の確立、経済成長による社会の変容を経て、新自由主義の台頭まで。

目次

サンフランシスコ講和条約と日本の戦後処理
アジア冷戦のなかの日米安保体制
保守支配体制の構造と展開
戦後日本の社会運動
高度経済成長と日本社会の変容
冷戦後の国際秩序と日本―東アジアの地域形成と日本外交を中心に
戦後史のなかの家族―その形成と変容
新自由主義・新保守主義の台頭と日本政治
メディア社会・消費社会とポピュラーカルチャー―戦争と暴力のイメージを中心に

出版社内容情報

一九五二年のサンフランシスコ講和条約による「独立」の回復から,五五年体制の確立,高度経済成長による社会構造の大きな変容を経て,新自由主義・新保守主義の台頭する現在まで――沖縄や奄美などを残したままの「独立」,冷戦激化に伴う戦争責任や補償問題の棚上げ,公害や貧富の格差の拡大など様々な矛盾を抱えてきた歴史を辿る.