岩波講座 日本歴史〈第9巻〉中世(4)

個数:

岩波講座 日本歴史〈第9巻〉中世(4)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月16日 05時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000113298
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0321

内容説明

中世とはどのような時代だったのか。宗教や法、環境など様々な観点から中世社会の特質を描き出すとともに、戦国大名の権力のあり方に近世への移行の契機を探る。

目次

戦国の争乱
国人一揆と大名家中
検地と知行制
地域的統一権力の構想
惣村と土豪
宗教一揆
戦国の法と習俗
自然環境と中世社会
中世の技術と労働

著者等紹介

桜井英治[サクライエイジ]
1961年生。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

明応の政変(一四九三年)によって室町幕府の権威は完全に失墜し,日本は戦国時代へと突入する.戦国大名による地域的統一権力の確立と幕府滅亡にいたる歴史を辿るとともに,宗教や法,環境など様々な観点から中世の特質を描き出す.