岩波ブックレット<br> 知る、考える裁判員制度

個数:

岩波ブックレット
知る、考える裁判員制度

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 155,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000094276
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C0336

内容説明

有権者であれば候補になる可能性がある裁判員。どのようにして選ばれて、実際には何をするのか。制度には、どのような問題点があるのか。事件報道も変わるのか。司法記者が制度全体と関連の用語などを、わかりやすく解説する。索引付き。

目次

1 あなたが裁判員になったら―裁判員制度の仕組み
2 どうして導入されるのか
3 どんな問題点、課題があるのか
4 どのような影響があるのか
5 事件報道は変わるのか

著者等紹介

竹田昌弘[タケダマサヒロ]
1961年富山県生まれ。85年早稲田大学法学部卒。毎日新聞記者などを経て、92年に共同通信記者となり、宇都宮支局と編集局社会部に在籍。社会部では、検察、裁判、警視庁、法務省などを担当した。2002年に大阪支社社会部次長。05年から編集局社会部次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。