岩波ブックレット<br> 検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦

個数:

岩波ブックレット
検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月23日 22時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 71p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000093859
  • NDC分類 372.155
  • Cコード C0336

内容説明

教育格差の拡大を食いとめる手だては何か?改革を推し進める原動力は、教師の間の競争か、支え合いか?全国に知られる「教育改革のまち」の7年間を問う。

目次

1 犬山の教育改革とシステム評価(犬山の教育改革の軌跡/「学びの学校づくり」)
2 質問紙調査の分析(「学び合い」の評価が浮かび上がらせたもの;「学び合い」型授業の効果;教師たちは改革をどのように受け止めたのか;保護者は改革をどのように受け止めたのか)
3 評価プロジェクトと教育改革(教育改革を評価することの意味;現代の教育改革の潮流と犬山の教育改革)
犬山市の教育が目指すもの(犬山市長・石田芳弘;犬山市教育委員会・瀬見井 久;研究代表 苅谷剛彦)

著者等紹介

苅谷剛彦[カリヤタケヒコ]
東京大学大学院教育学研究科教授(教育社会学)

安藤理[アンドウサトル]
東京大学大学院教育学研究科博士課程(教育社会学)

内田良[ウチダリョウ]
愛知教育大学教育学部講師(教育社会学)

清水睦美[シミズムツミ]
東京理科大学理工学部助教授(学校臨床学)

藤田武志[フジタタケシ]
上越教育大学学校教育学部助教授(教育社会学)

堀健志[ホリタケシ]
東京大学基礎学力開発センター(教育社会学)

松田洋介[マツダヨウスケ]
滋賀県立大学人間文化学部講師(教育社会学)

山田哲也[ヤマダテツヤ]
宮城教育大学教育学部助教授(教育社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。