17・18世紀大旅行記叢書<br> 新大陸赤道地方紀行〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

17・18世紀大旅行記叢書
新大陸赤道地方紀行〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 05時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 532,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000088510
  • NDC分類 296.09

目次

エスメラルダからグアビアレ川合流点までのオリノコ川上流―アトゥレスおよびマイプレス急流地帯の二回目の通過―アプレ川流入点とスペイン領ギアナの州都、アンゴストゥラとの間のオリノコ川下流
リャノス・デル・パオあるいはベネズエラ平原(ステップ)東部―カリブ族の布教村―ヌエバ・バルセロナ、クマナ、アラヤでの最後の滞在
ベネズエラ連合州の政治状況―領土の面積―人口―自然の産物―海外交易―コロンビア共和国を構成する諸州との交流
ベネズエラ沿岸からハバナへ―新大陸の住民と比較したアンティル諸島の住民の概観。その人種の多様性、個人的自由、言語および信仰について
キューバ島に関する政治的試論―ハバナ―グアナバコアの丘陵地帯と地学的見地によるその考察―ロス・グイネスの谷―バタバノおよびラ・トリニダード港―王と王妃の庭
トリニダード・デ・クーバからリオ・シヌまで―カルタヘナ・デ・インディアス―トゥルバコの泥火山―マアテスの運河

著者紹介

ヴァイグル,エンゲルハルト[ヴァイグル,エンゲルハルト][Weigl,Engelhard]
1943年生。ハンブルク大学Ph.D(ドイツ文学)アデレード大学ヨーロッパ研究科教授

大野英二郎[オオノエイジロウ]
1953年生。東京大学文学部仏語仏文学科卒。パリ第八大学第三課程博士号取得。フェリス女学院大学教授。フランス文学・思想専攻

荒木善太[アラキゼンタ]
1960年生。東京大学文学部仏語仏文学科卒。同大学大学院人文科学研究科博士号(文学)取得。青山学院大学助教授。フランス文学専攻

出版社内容情報

17.18世紀ヨーロッパには,地球全体をくまなく知り尽くそうとする新しい航海・旅行者が輩出し,「発見」はヨーロッパの独占事業となってゆく.本叢書は海賊,布教者,放浪の元東インド会社職員,国境を越えて活動する自然探究者など多彩な書き手による個性的な作品を収録,第I期と併せて世界史上の独自な運動の実態に迫る.