• ポイントキャンペーン

17・18世紀大旅行記叢書
新大陸赤道地方紀行〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 526p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000088497
  • NDC分類 296.09

内容説明

1799年から5年間、オリノコ源流の探査をはじめ、熱帯アメリカを踏破すること1万五千キロ、それは地球の全体的・有機的な把握をめざす全く新しい試みだった。

目次

諸準備‐機器‐スペインからの出帆‐カナリア諸島への寄港
テネリフェから南アメリカ海岸までの航海‐トバゴ島踏査‐クマナ到着
第一次クマナ滞在‐マンサナレス川流域
アラヤ半島‐塩田‐サンティアゴ城塞の廃墟
ヌエバ・アンダルシアの山間部‐クマナコア渓谷‐ココヤル山の峰‐チャイマ族の布教村
カリペの僧院‐グアチャロの洞窟‐夜の鳥
カリペからの帰還‐サンタ・マリアの山と森‐カトゥアロの布教村‐カリアコ港
チャイマ族の身体的特徴と風習‐その言葉‐ヌエバ・アンダルシアの諸民族の系統‐コロンの見たパリアゴト族
第二次クマナ滞在‐地震‐驚異的彗星
クマナよりラ・グアイラまでの行程‐ヌエバ・バルセロナの丘‐コデラ岬‐ラ・グアイラからカラカスへの陸路
ベネズエラ諸州概観‐諸州の多用な特色‐カラカスの市街と谷‐気候
カラカス滞在‐市周辺の山地‐シリャ山頂踏査‐鉱脈の兆候

著者紹介

ヴァイグル,エンゲルハルト[ヴァイグル,エンゲルハルト][Weigl,Engelhard]
1943年生。ハンブルク大学Ph.D(ドイツ文学)。アデレード大学ヨーロッパ研究科教授

大野英二郎[オオノエイジロウ]
1953年生。東京大学文学部仏語仏文学科卒。パリ第八大学第三課程博士号取得。フェリス女学院大学教授。フランス文学・思想専攻

荒木善太[アラキゼンタ]
1960年生。東京大学文学部仏語仏文学科卒。同大学大学院人文科学研究科博士号(文学)取得。青山学院大学助教授。フランス文学専攻

出版社内容情報

1799-1804年,オリノコ源流の探査をはじめ,熱帯アメリカを踏破すること1万5千キロ,国家の後ろ盾なしに一個人が跳んだこの空前絶後の事業は,地球の全体的・有機的な把握をめざす全く新しい試みだった.