ビジュアルブック水辺の生活誌<br> 軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌

個数:
  • ポイントキャンペーン

ビジュアルブック水辺の生活誌
軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 93p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784000084956
  • NDC分類 219.3

内容説明

海底炭鉱の島「軍艦島」が閉山して21年。元島民が記録していた生活写真からは、驚くほどの活気と超高密度な空間が現れる。人も建物も、厳しい自然環境のなかで精一杯生きていた昭和30年代、大都市に先駆けて営まれていた高層住宅での暮らしから、人が集まって住むことの意味、そして暮らしやすさとは何かを考える。

目次

超高密度空間のコミュニティ
一九七四年春―閉山
捲き揚げ櫓と神社の下で
最古の鉄筋コンクリート集合住宅
緑なき島
オリエント、中国、そして軍艦島
海の上の近代建築〔ほか〕

出版社内容情報

高度成長以前、私たちの暮らしはどんなだったのだろうか。貴重な写真が語る5つの土地の昭和30年代。