科学ジャーナリズムの先駆者―評伝 石原純

個数:

科学ジャーナリズムの先駆者―評伝 石原純

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 16時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000052139
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0042

内容説明

石原純(一八八一~一九四七)は、第一級の理論物理学者、科学ジャーナリスト、歌人であった。アインシュタイン‐インフェルト『物理学はいかに創られたか』(岩波新書)の訳者として知られるが、編輯主任として岩波書店の雑誌『科学』の創刊および『岩波理化学辞典』の刊行にも携わった。それ以前に日本で初の相対論の論文と、日本で初の量子論の論文を書き、日本の理論物理学の基礎を築いた人であり、湯川秀樹や朝永振一郎などをその書で物理学の世界へ導いた。彼の科学観、科学教育論、社会批判は、いまこそ読まれるべきである。生誕一三〇年、『科学』創刊八〇年という記念の年に、石原純再評価を期待して刊行する。

目次

第1部 物理学者への道(小・中学校時代;第一高等学校時代 ほか)
第2部 日本初の理論物理学者誕生(理論物理学者として自立する;最初の相対論に関する論文 ほか)
第3部 ヨーロッパ留学から東北帝国大学教授辞任まで(ヨーロッパ留学―ドイツへ;ヨーロッパ留学―ミュンヘンとベルリン ほか)
第4部 科学ジャーナリストとして(科学ジャーナリストへの転身;『相対性原理』と『アインスタイン教授講演録』 ほか)
第5部 戦時科学振興政策批判から敗戦直後の急逝まで(ファシズムに抗して;戦時科学振興政策を批判する ほか)

著者等紹介

西尾成子[ニシオシゲコ]
1935年東京生まれ。お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。日本科学技術情報センター所員、日本大学理工学部教授などを経て、日本大学名誉教授(理学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

石原は,日本初の相対論と量子論の論文を書いた理論物理学者だった.日本にアインシュタインを紹介,その著作は湯川秀樹や朝永振一郎を物理学の世界に導いた.多くの科学啓蒙書や解説書を執筆し,戦中も身を呈して真の科学を訴え続けた.彼の波瀾の人生を通して,科学の真髄や最先端の成果を広く伝えることの大切さを考える.