越境する数学

個数:

越境する数学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月20日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000050951
  • NDC分類 410
  • Cコード C0041

内容説明

抽象の世界から現実に向かう数学者たちのブレークスルー開始。

目次

1 渋滞の数理科学から実践へ
2 カオスをめぐる渾沌とした話
3 渦の数学が織りなす世界
4 視覚と錯覚の数理科学
5 臨床医療と数学
6 数学における「理論建設人」のいきざま―一般論の美しさと応用可能性

著者等紹介

西浦廉政[ニシウラヤスマサ]
東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

数学は役に立たず,数学者は現実を知らない――そのような風評を打ち破るべく,6人の数学者が異分野で未解明だった現象の解明に乗り込む.冒頭で内田麻理香氏がそれぞれの意気込みや秘策,アイデアの源泉を聞き出す対談も興味深い.渋滞はなぜ発生するのか? 目の錯覚を引き起こす脳のしくみとは? 数学者の挑戦を魅せる快著.