岩波セミナーブックス<br> 芭蕉七部集

岩波セミナーブックス
芭蕉七部集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784000042512
  • NDC分類 911.32
  • Cコード C0395

出版社内容情報

俳諧とは何か.雅俗にわたるあらゆることばの追求に心を砕いた芭蕉.その代表的連句作品「冬の日」「春の日」の綿密な読みを通し,伝統と拮抗しつつ,抗い,ついには新しい表現方式を確立した営為のあとをたどる.

目次

連句理解のむずかしさ
遊びのルール―式目作法
『冬の日』第一歌仙をよむ
雅語と俳言
『春の日』第三歌仙をよむ
俳諧とは何か
『春の日』発句の部について
「俗語を正す」ということ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アオヤギ

0
「冬の日」「春の日」を中心に。ルール違反の句が気になる。2012/07/14

紅林 健志

0
芭蕉の連句の入門・解説としてすばらしい。2015/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1896831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。