“個”の誕生―キリスト教教理をつくった人びと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000028974
  • NDC分類 191
  • Cコード C3015

内容説明

古代から中世へ、一大転換期を舞台にした思想のドラマ―4~6世紀のキリスト教教義論争史にわけいる。カルケドン公会議を中心に、時代を揺るがした流血の闘争から生まれた新しいアイデア、未知の価値とは何だったのか。

目次

序章 カテゴリー
第1章 いくつかの日付
第2章 ヒュポスタシスとペルソナ
第3章 カルケドン公会議―ヨーロッパ思想の大いなる転換点
第4章 キリスト教的な存在概念の成熟
第5章 個の概念・個の存在

著者等紹介

坂口ふみ[サカグチフミ]
1933年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化修士課程修了。ミュンヘン大学でPh.D.取得。東京大学、東北大学、清泉女学院大学を経て、東北大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代から中世へ,一大転換期を舞台にした思想のドラマ-4~6世紀のキリスト教教義論争史にわけいる.カルケドン公会議を中心に,時代を揺るがした流血の闘争から生まれた新しいアイデア,未知の価値とは何だったのか.