近代家族の成立と終焉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 346,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000027427
  • NDC分類 361.63
  • Cコード C0036

内容説明

いま家族はどこから来てどこへ行こうとしているのだろうか。家族が家族であるための条件は何か。ファミリィ・アイデンティティという独自の視点から家族の多様性を描き出すことを通して、揺れ動く現代家族の現実を鮮やかに浮き彫り。日本における近代家族の成立を歴史社会学的に位置づけるとともに、高度成長以後の日本の社会変化と家族の変容を文学社会学的方法をも駆使しつつ考察する。女と男の関係はいかにあるべきかを問い続けてきた著者が、大きな枠組みと鋭い問題意識の下に構想したオリジナルで刺激的な新しい「家族の社会学」。

目次

1 近代家族のゆらぎ
2 近代と女性
3 家庭学の展開
4 高度成長と家族
5 性差別の逆説

出版社内容情報

家族が家族であるための条件は何か.ファミリィ・アイデンティティという独自の分析手法に歴史社会学的問題意識を重ねあわせながら,フェミニズムの視点を通して構想されたオリジナルで刺激的な「家族の社会学」.