倫理の復権―ロールズ・ソクラテス・レヴィナス

個数:
  • ポイントキャンペーン

倫理の復権―ロールズ・ソクラテス・レヴィナス

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000024570
  • NDC分類 150.23
  • Cコード C0010

内容説明

ロールズ正義論の哲学的背景を西欧倫理思想の伝統に探り、その発端と終末、ソクラテスとレヴィナスに「正義と超越」をめぐる西欧的思考のポジとネガを見定める。一方に、自己実現と競争の支配する世界、他方に、宗教的次元の生存―人間が生きるこの二つの地平を視野に収めて、社会的公正の理論と、超越をめぐる宗教的思考との関係を考える。ギリシア起源の合理主義と、ユダヤ・キリスト教的精神伝統の両面にわたりつつ、人間の社会性から宗教的実存までをつらぬく規範理論を探求した、年来の思索の結実。

目次

ソクラテスの問い―原点への還帰
第1部 正義論(正義論の基底―ロールズとアリストテレス;公共的合意による倫理―ロールズ哲学の基本的構造;人倫的世界における目的論―アリストテレスにおける自然的正義の基礎)
第2部 ソクラテスにおける超越の地平(ソクラテスにおける超越的なもの;否定の精神と超越への予感―キルケゴールのソクラテス理解によせて)
第3部 レヴィナス存在のかなたへ(超越と倫理―人間のかけがえのなさについて;レヴィナスの「無限」―神はどこに、どのように)

著者等紹介

岩田靖夫[イワタヤスオ]
1932年生まれ。専攻、古代ギリシア哲学。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。1979~81年、ルーヴァン大学とケルン大学で、86~87年、ハーヴァード大学で研究する。現在、仙台白百合女子大学名誉教授。東北大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

多元化する現代世界にあって,倫理とは――ロールズ正義論の哲学的背景を西欧倫理思想の伝統に探り,その発端と終末,ソクラテスとレヴィナスに「正義と超越」をめぐる西欧的思考のポジとネガを見定める.著者年来の思索の結実.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件